カテゴリー

ジェネリック医薬品

最初に発売された薬は「新薬」といって特許に守られています。その「新薬」は開発したメーカーが独占的に製造販売することができます。
これが「先発医薬品」です。 20~25年の特許期間が切れ、特許権が消滅すると他のメーカーも同じ成分同じ効果のお薬を製造できるようになります。これが「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」で、その価格は「新薬」の開発や研究にかかる時間も金額も少ないので2~8割の価格で販売されます。 価格が安いから心配される場合もありますが、先発医薬品と同じ
速さ、同じ量で、薬の成分が血液中に入っていくかどうかを調べる試験(生物学的同等性試験)を経て発売されていますので、先発医薬品と同じ効果が期待できます。
ジェネリック医薬品(後発医薬品)」はすでに使われている有効性も安全性も確かめられた成分です。
ですから承認までの手続きが少なくなります。
医師の処方が必要ですので、かかりつけ医の先生や調剤薬局に相談しましょう
【日本ジェネリック医薬品学会】 ジェネリック医薬品の健全な育成と普及を目指して

関西病院検索

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.medicalkeyword.com/mt-tb.cgi/28