カテゴリー

医療

2007年08月31日

救急搬送トリアージ


救急隊が出動要請により現場に向かうが、その場で救急隊が緊急性を判断し、低いと判断された場合は、自分で通院をしてもらうシステムを「救急搬送トリアージ」と言います。
トリアージ」とはそもそも、大規模災害が起こった場合、傷病者を緊急性の高低を判断・選別し、優先順位を決めて手当てするシステムです。
これを通常の救急搬送にも取り入れて、緊急性の無い通報を減らすことにより、救急車の到着を短縮することが主な目的です。
現在は、東京で実施されているが、 今後は全国に広がる可能性もあるようです。
東京消防庁 救急搬送トリアージの試行について
関西病院検索

2007年09月03日

プラスチック血液の開発

イギリスBBCのニュースで、シェフィールド(Sheffild)大学の研究グループがプラスチックの分子から血液を作り出したことを報じました。 このプラスチック分子は、中心部に鉄原子をもっていて、ヒト血液中のヘモグロビンとよく似た働き(体内に酸素を送り届ける)があるそうです。
しかも、冷蔵の必要が無く、長期保存が可能です。 緊急時にうってつけの新技術ですが、とうとうプラスチックが体内を流れることになりそうです。
関西病院検索
スラッシュドット ジャパン-プラスチック血液が開発

2007年09月04日

ジェネリック医薬品

最初に発売された薬は「新薬」といって特許に守られています。その「新薬」は開発したメーカーが独占的に製造販売することができます。
これが「先発医薬品」です。 20~25年の特許期間が切れ、特許権が消滅すると他のメーカーも同じ成分同じ効果のお薬を製造できるようになります。これが「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」で、その価格は「新薬」の開発や研究にかかる時間も金額も少ないので2~8割の価格で販売されます。 価格が安いから心配される場合もありますが、先発医薬品と同じ
速さ、同じ量で、薬の成分が血液中に入っていくかどうかを調べる試験(生物学的同等性試験)を経て発売されていますので、先発医薬品と同じ効果が期待できます。
ジェネリック医薬品(後発医薬品)」はすでに使われている有効性も安全性も確かめられた成分です。
ですから承認までの手続きが少なくなります。
医師の処方が必要ですので、かかりつけ医の先生や調剤薬局に相談しましょう
【日本ジェネリック医薬品学会】 ジェネリック医薬品の健全な育成と普及を目指して

関西病院検索

2007年09月07日

予防医療

予防医療とは?

免疫細胞を活性化し、人間本来の自然治癒能力をより多く発揮できるように働きかける
医療です。 精神的環境や食生活、生活習慣、自然環境の改善を図る事で、病気になりにくい体質をつくることや、過去の病歴などからしっかりとしたケアをすることなどが主な内容です。
高齢化社会のなか、より長く生きるだけが目的ではなく、より充実した生き方ができるようにすることが重要視されています。
現在の日本は、従来の治療型医療から予防型医療にシフトチェンジしているところです。今後、日本の医療において、予防医療の整備がとても重要な課題と言えるでしょう。
予防医療.com
関西病院検索

2007年09月11日

総合科医院

厚生労働省が専門分野に偏らず、一定の診断能力を備えた医師を増やす目的で創設することを決めたものです。能力のある医師を個別に審査して認定する仕組みで、初期診療は総合科医が行います。
そこから必要に応じて専門の診療科に振り分けるもので、かかりつけ医診療科として確立したいと考えています。
医師の専門分野化が進み、かかりつけ医が探しにくくなっていることが言われているためという理由もありますが、勤務医の労働環境の改善にもつなげる狙いがあります。さらには、病院の混雑緩和にもつながる考えです。総合科は一般的な症状を患者から聞き、治療したり、専門医に振り分けます。
例えば、高齢の患者が受診した場合、高血圧などの基本的な症状の改善は総合科で行い、心臓などに深刻な症状が見つかれば、速やかに専門医につなぐような仕組みです。
中には、患者の医療機関を選択する権利を阻害されるという意見もあります。
開業医に「総合科」創設へ

関西病院検索

2008年09月12日

インプラント治療

インプラント治療とは?

歯の失われた部位の顎の骨の中に人工的な歯根を埋め、その上に人工歯をかぶせる治療法です。 顎の骨にしっかり固定されるので、自分の歯のように食事をすることができます。また、見た目も自分の歯のように自然です。

インプラント治療のメリット

おいしく食べれる

インプラントは自分の歯と変わらない感じでしっかり噛めます。 避けていた食べ物も気にすることなく、たくさん食べれることができます。

会話を楽しむ

入れ歯だと会話の途中に外れる恐れがあったり、口臭が気になったりすることがありました。 インプラントではそんな心配はいりません。

気持ちよく笑う

インプラントは自分の歯と見分けがつかないほど自然でキレイです。人前でも気にすることなく笑うことができます。

自分の歯の保護

他の歯に金具をつけたり、健康な歯を削ることがありません。

お手入れが簡単

外したりせずに自分の歯と同じように歯磨きができます。


費用は医院によって様々です。費用の高い安いに関わらず、まずは問い合わせしてみて、しっかり医師と相談してから決めましょう。



歯科病院検索

2008年11月20日

専門外来

専門外来とは

専門外来(せんもんがいらい)とは、ある疾患または症状に対して、専門的な診察・治療を行う専門の外来科を指します。また、診療科よりも更に細分化されたものを指すこともあります。担当医も専門医・指導医レベルの医師・歯科医師が診察します。

だいたい中規模・大規模病院にあり、専門医に必ず診てもらえることができるのでより詳しい診察を受けることが可能です。
ただ、診療時間が限られていることや、中規模・大規模病院に多くあることから、家から遠い所にしか専門外来がない場合があります。かかりつけの医師などに相談してから無理のないようにしましょう。
「いつも通っている医院の先生のほうが自分に合っている」といったことも決して少なくありません。

専門外来の種類

病院が自由に設置できます。(現在、専門外来の表記については法的規制はありません。)このため多種多様な専門外来があります。
予約制の病院が多いので病院に問い合わせてから行くほうが良いでしょう。

主な専門外来

<内科>
心臓外来
血液外来
肝臓外来
腎臓外来
糖尿病外来
高血圧外来
ぜんそく外来
胸痛・動悸外来
便秘外来
ペースメーカー外来
禁煙外来
肥満外来
リウマチ外来
膠原病外来
内分泌外来
胃腸外来
性感染症外来
<呼吸器科>
花粉症専門外来
喫煙(禁煙)外来
睡眠時無呼吸外来
イビキ専門外来
<循環器科>
ペースメーカー外来
<外科・整形外科・形成外科>
食堂・胃外来
大腸外来
肛門外来
乳腺外来
腫瘍外来
肛門外来
熱傷(やけど)外来
肩外来
膝外来
脊椎・脊髄外来
リウマチ外来
スポーツ外来
腰痛外来
<小児科>
成長・発達外来
小児生活習慣病外来
<歯科>
口腔インプラント外来
顎関節症・口腔顔面痛み外来
審美歯科外来
特殊義歯外来
口臭外来
口内炎外来
口唇口蓋裂外来
歯科金属アレルギー外来
<耳鼻咽喉科>
めまい外来
難聴外来
補聴器外来
喉頭専門外来
<皮膚科>
アトピー外来
乾癬外来
角化症専門外来
ニキビ外来
膠原病外来
レーザー外来
<眼科>
角膜外来
緑内障外来
網膜症外来
斜視外来
弱視外来
コンタクトレンズ外来
ドライアイ外来
光凝固外来
<泌尿器科>
前立腺外来
膀胱外来
尿失禁外来
ED(勃起障害)外来
男性不妊外来
<精神科・神経科>
肩外来
アルコール外来
ストレス外来
物忘れ外来
児童・思春期外来
<神経内科>
頭痛外来
物忘れ外来
<心療内科>
摂食障害専門外来
<脳神経外科>
頭痛外来
脳卒中外来
てんかん外来
腫瘍外来
<麻酔科>
ペインクリニック外来
<産婦人科>
女性外来(女性特有の疾患を扱う。スタッフが女性。)
不妊外来
更年期障害外来
生殖内分泌外来
不育症外来
<その他>
漢方専門外来
スポーツ・関節専門外来
スポーツ歯科専門外来

専門外来

病院検索